尾道・府中アジサイクリング


2日連続気温33度を記録した尾道と
そんな時にエアコンが壊れて虫の息の自転車屋ですこんにちは。

正確には全くの不動、という訳ではなく
スイッチオン→勝手にオフ→オン→勝手にオフ→勝手にオン
というトムとジェリーのようなやり取りを
1日中繰り広げておりましたら
何とかまぁ外よりは涼しくなる程度です。

ほんとその人をバカにしたような挙動は
ジェリーよろしくハンマーで叩き壊したくなる程ですが
価格ドットコムで15畳用のエアコンの価格を調べた後
何事もなかったように修理依頼の電話をかけるのです。

しかし大きなメーカーのコールセンターともなると
受付の方も完全なプロフェッショナルですね。
暑さとエアコンの不可解な挙動に
ムッとしながら電話しても
落ち着いたお美しいお声のお女性が
「この度はご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません」
などと出てくると
「いえいえ、お嬢さんは悪くありません。
 悪いのは33度にもなる地球で…」
などと訳の分からないことを口走りかけてしまいます。

この週末には修理が完了しているはずですが
もしまだ直っていなかった場合は
フロアに裸のオッサンが横たわっておりますので
オッサンが服を着ている日に出直してください。

さて、本日の内容は
先週の臨時休業中に行ってまいりました
尾道と府中方面のサイクリングレポートです。

と言いつつまた動画なのですが。

内容は、尾道市北部の
摩訶衍寺(まかえんじ)近くのパン屋さんを通過し
御調(みつぎ)の道の駅(月に一度の定休日)へ。
そこから北上しようと思ったらパラパラ降ってきましたので
輪行しようと最寄りの下川辺(しもかわべ)駅へ急ぎましたら
次の電車まで4時間ありましたので、線路沿いを北上。
途中で雨宿りつつ、涼し気な河佐峡へ寄り道し
八田原(はったばら)ダム(芦田湖)を通り備後三川へ。
最後は動物で締めくくるのが当店流。

ルートはこんな感じです。

目的は三次(みよし)だったのですが
天候を考え結局上下から輪行しました。
「じょうげから輪行?電車のドアは横じゃろ」
と思われた方に補足ですが
上下(じょうげ)町(府中市)という地名です。

この辺だけに限らないと思いますが
難解な地名が多いですよね。

全般的に曇り時々雨でしたが
気象レーダーに助けられて
濡れることなく走りきれました。

気温33度の晴天と比べると
ひょっとしたらこの日の方が
サイクリングには適していたかも知れません。

そんなのんびりサイクリングでございました。

翌日は三次から下川辺まで輪行しましたが
その一両編成の福塩線はほぼ貸し切りで
かつアトラクション的な風景が続き楽しかったです。
願わくば次の利用までに廃線になっておりませんように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。