本日のしまなみ海道 2018/7/11


久しぶりの150kmオーバーで屍状態の自転車屋ですこんばんは。

本日は、この数日お問い合わせの多かった
豪雨後のしまなみ海道の状況につきまして
朝から走って確認をしてまいりました。

そんな訳で、いつもの無駄口を省きまして本題に入ります。

豪雨後は茶色く濁っていた尾道水道も
まだ木片等の浮遊物は多いものの
いつもと同じ表情で朝日に照らされておりました。

しまなみ海道の被害状況は
これまでお客さんより色々伺っておりましたので
本日はグラベルロード風シクロクロスをチョイス。
タイヤ幅は38Cです。

まずは目の前の向島(むかいしま)。

岩子島(いわしじま)とを結ぶ向島大橋の根本が
土砂崩れで完全に塞がれておりますが
その橋への連絡道を利用することで迂回出来ます。
それ以外も土砂崩れによる片側通行や
因島大橋への連絡道の法面崩落などが発生しておりましたが
走行を大きく妨げるものはございませんでした。
動画の最後は復路の様子ですが、車が通過すると
視界を遮る程の砂埃が立ちますので
向島に限ったことではございませんが
サングラスは必須かと思われます。
このGARMINのカバー並みに色々汚れます。

続きまして因島(いんのしま)。

因島には、山経由と海岸経由の2本のブルーラインが引かれています。
最初は平地基調の海側(直進)を走りましたが
信号付きの片側交互通行や、ロードバイクでは走行が難しそうな
土砂の山がございました。
動画の最後にある山経由(左折)の方が無難です。

また生口橋への連絡道は、休憩所の箇所でほぼ通行止めとなっております。
動画にある左折ショートカットでの迂回が無難です。

その生口島(いくちじま)。

生口橋の下りが広範囲に渡って
砂と土で覆われておりますので
スリップには特にお気をつけください。
さらに島へ上陸して自転車・歩行者道を選ぶと
すぐに土砂崩れで行き止まりになっています。
車道のブルーラインに沿って走ってください。

島内はほぼ普段通りに走れましたが
問題は大三島に渡る多々羅大橋へのアプローチ。
深い砂溜まりだけではなく、なぜかここにだけ
大小様々な石が散乱しておりますので
最もスリップとパンクが発生しやすいと思います。
特に尾道側への下りは慎重さが必要です。

またここまでの三島は尾道市ですので
現時点では同じように断水の影響下にあります。
その為食堂とお手洗い場所は非常に希少ですのでお気をつけください。
この生口島には、サイクリングコース上の
瀬戸田市民会館(ベル・カントホール)敷地内に
仮設トイレが複数設置されております。

大三島(おおみしま)は距離も短いですし
路面も比較的きれいでしたので特記事項はございません。
多々羅大橋を下りてすぐの多々羅しまなみ公園では
水で流せるお手洗いと食事の出る食堂がございますので
尾道側から辿り着いた旅人には文字通りオアシスと映るでしょう。

そして同じように走行距離の短い伯方島(はかたじま)。

島に下りる大三島橋が砂っぽいことを除いては
島内は問題ございません。
問題は、次の大島に渡る伯方・大島大橋が通行止めになっていることで…。

しかし何故か続きまして大島(おおしま)の動画です。
一応ご説明しますと、ちょうど連絡道の復旧作業をされておりまして
そのご厚意で通過を…。
その作業も、明日には完了して通行止めが解除されるかも
との情報を、しまなみ海道一の情報発信基地である
今治の”シクロの家”さんに頂きましたので
恐らくこの週末には問題なく通過出来ると思います。

そして最後の島である大島の様子。

上陸してすぐの平地区間の被害が大きかったようで
集中して復旧作業をされておりましたが
まだ砂が多く滑りやすい状態です。
また、しまなみ随一のアップダウンが続く島ですが
広範囲に渡って風に舞う砂で覆われておりますので
特に下りではくれぐれもスピードを出しすぎないようお気をつけください。
また向島同様、砂埃対策も万全にお願い致します。

そんなしまなみ海道偵察ライドでした。
この週末の三連休にはまた大勢のライダーで賑わうかと思いますが
状況が本日より改善しておりましても
やはり普段よりは路上の堆積物が多いと思います。
また、断水の影響を特に尾道側で被ることはご覚悟ください。
コース上のコンビニエンスストアやスーパーは営業しておりますので
状況に応じてそれらもご活用頂ければと思います。
そして自転車屋と致しましては
やはり落車によるお怪我を最も心配しております。
近々走られる方は、特に下り部分は慎重に走行頂きますようお願い致します。

番外編。

亀老山はダメみたいです。

本日のしまなみ海道 2018/7/11” に対して1件のコメントがあります。

  1. varma より:

    こんにちは。横浜在住の会社員です。今月末の海道サイクリングを予定しております。
    貴重な情報をありがとうございます。

  2. K.Manish より:

    こちらこそご覧頂きありがとうございます。
    今月末でしたら恐らく随分と復旧が進んでいると思いますので、普段通りの準備で大丈夫だと思います。
    お気をつけてお越しください。

  3. ちぃ太 より:

    こんばんは。以前にレンタサイクルで友人がお世話になった者です。

    情報発信、ありがとうございます。
    関東在住の自分には豪雨の影響はありませんでしたが、GWにしまなみ海道を堪能させていただいたこともあり、色々と心配しておりました。

    致命的な被害はなくとも、やはり色々と爪痕はありそうですね。

    ごみ撤去のボランティアなどの募集もあったようですが、生憎と怪我の療養中だったりとタイミングが悪く、
    行けませんでした。

    改めて時間を見つけて遊びに行きたいと思っておりますので、その際には散財して復興に協力したいと思っています。

    いちチャリダーとして、一日も早い復興を祈っています。

  4. K.Manish より:

    いつもありがとうございます!
    しまなみ海道は、ほぼ毎年大雨で土砂が流入するなどのの影響を受けておりますが、今回の被害は流石にこれまでで最も大きいと思われます。
    しかし皆さんのご尽力で予想以上に早く復旧に向かっておりますので、次回いらっしゃる時には前回同様お楽しみ頂けるはずです。
    という事で、それまでリハビリ頑張ってください。
    またのお越しをお待ちしておりますm(__)m
    追伸:散財はほどほどに(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。