豪雨後の尾道近況


クラシック音楽の最後に全楽器が大音量でジャンッ!
と締めくくったかのような梅雨明けとなりました
尾道よりこんにちは。

例年ですと、梅雨明けの報は喜ばしいものなのですが
今年の梅雨は、そのジャンッ!が
あまりにも大音量であったが為に
ある座席は音圧で吹き飛び
聴衆のことごとくが耳の異常を訴え
ホールの外に救急車が長蛇の列を作っている状態です。

先の金曜から3日間降り続いた雨は
西日本の各所に壊滅的なダメージを残しました。

尾道の近辺ですと、このブログでも頻出する
御調(みつぎ)が孤立し、また西隣の三原では
沼田川(ぬたがわ)が広範囲に反乱し
東でも岡山西部が水没しております。

それらがもたらしております尾道市街の影響ですが
・7月6日(金)からJR山陽本線が完全不通
・高速山陽道の本郷IC(三原)と広島IC間で不通
・高速西瀬戸道(しまなみ海道)一部不通
・市北部の各所で道路寸断
・それらに伴う恒常的渋滞
・商品の恒常的不足
・7月7日(土)から市内全域で断水
・それに伴う宿泊施設、飲食店の休業
などが挙げられます。

特に当店に関係するのがJRの不通と
しまなみ海道の寸断、商品と店の不足でしょうか。

この状態でもしまなみ海道目的で
尾道にいらっしゃる方が少なからずいらっしゃり
それは大変ありがたいのですが
上記の状況から、大変なご不便をご覚悟頂く必要がございます。

まずなかなか尾道に入れません。
新幹線は通常運行されておりますので
こだまで新尾道駅にいらっしゃって頂ければ
何とかして市街には到達出来ると思います。

この新尾道駅からしまなみ海道の起点である
渡船乗り場まで3km以上はございますので
バスやタクシーのご利用が一般的でしょうか。

なお、必要物資の輸送を優先させる観点で
複数の車での移動をお考えの場合は
一台にまとめて頂く等のご配慮を頂ければ助かります。

そしてようやく市街に辿り着くと
プチゴーストタウンの雰囲気です。
営業しておりますのは衣料店や自転車屋ぐらいで
名物の尾道ラーメンは諦めて頂く他ございません。
宿泊施設も休業しておりますので
補給も休憩もほぼ出来ぬまま
しまなみ海道へ出発となります。
幸いなことに渡船は通常運行しております。

しかし、最初の向島が一部土砂で埋まっておりますので
自転車を担ぐなりして越えて頂く箇所がございます。
期せずしてシクロクロスレース参戦です。

そんな障害を乗り越え乗り越えしても
結局大三島と伯方島の寸断区間でサイクリング終了となります。
服や靴は泥だらけでしょう。
パンクやスリップの発生率も普段よりは高いと思われます。

これらはあくまで本日(7/9)の情報でございますので
この先一刻と状況は改善していくと思うのですが
そのような訳で、現時点でのしまなみ海道サイクリングは
あらゆる面で困難を極める、ということだけ心得て頂ければと思います。

詳細はまた後日確認をしてご報告しようと思いますが
この週末の三連休にサイクリングを予定されていらっしゃる方は
まず尾道までの移動手段の確保と時間の計算
さらに最新の状況をご確認の上ご判断ください。

各種情報サイト

JR西日本運行状況
岡山・福山地区→【山陽本線】

NEXCO西日本
ハイウェイ交通情報

本四高速(しまなみ海道)
二輪車通行止め情報

一日も早い回復を目指して頑張りましょう!

※追記
7月10日(火)時点で
取りあえずしまなみ海道の自転車道は全線開通しております。
しかし路面は依然として荒れた箇所もございますので
走られる方はくれぐれもお気を付けください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。