入学準備!


昨日の暖かさから一転、今日は朝からザンザカ降りの尾道よりこんにちは。

これも暖かさの副作用なのか、ここ1,2週間は
天気予報が当たる確率3割、というほど不安定な空模様が続いております。
この3割は、野球の打率で言えば立派なものですが
天気予報となると下駄を投げるのと
さして変わらない信頼性に思えるから不思議です。

ともあれまたレンタサイクルで混み合う今週末は降らずにいてもらいたいものです。
そしてペナント初戦が行われる今晩までには止んでもらいたいのですが…。

ちなみにもしカープが初戦を落とすことになりましたら
「何故雨天順延にしなかったのか!」
と言い出した上に、明日の店内販売価格は
軒並み八つ当たり価格が適用される恐れがあります。

特に本日の対戦相手である阪神ファンの方はご注意ください。
 
 
さて、そんな殺気立った自転車屋をよそに
最近新1年生の自転車整備依頼が増えております。

それはピッカピッカの小学1年生というより
どちらかと言うとこれからバリバリ通学で使うぜ
という新高校1年生や大学1回生の自転車ですが
心機一転新車の購入、とならないところがポイントです。

持ち込まれるものは殆どがシティ車、俗に言うママチャリですが
「きっと中学校にあがる時にご両親が奮発されたのだろうなぁ」
と思う程しっかりとした国産自転車が多いです。

しかし私自身もそうでしたが
特に中学生男子などにとって、自転車はただの”足”です。
ぶつけてカゴが凹んでも、泥除けが割れても、チェーンが錆びても
取り合えず動くしええか、という扱いであることが殆どです。

幸い今回持ち込まれた自転車は、細かい要交換箇所はございましたが
新車を買ったほうが安くつく、という程の修理にはならず
「もったいない」が口癖の自転車屋は取り合えず一安心。

しかしその中で共通してダメージが大きかった箇所がございましたので
簡単にランキングを作ってみました。

3位 サークル錠の動作不良

いわゆる後ろの車輪をロックする馬蹄型の錠ですが
これは鍵を解除し忘れてペダルを踏み込むと簡単に歪みます。
また鍵穴への異物混入等で鍵の抜き差しがしづらいケースも。
種類によりますが2000円(税抜)もあれば交換可能ですので
気になる方はご相談ください。
※価格は当店の場合です

2位 ブレーキの動作不良・遊び過多

シティ車の場合、前後で種類の違うブレーキが付いていることが殆どですが
特に前(基本右)のブレーキがズレていたり、遊びが大き過ぎたりします。
ブレーキの不良は最優先で対処すべきことですので
最近ブレーキが効かないなとか、レバーが重いなと思われたら
こちらも早目に自転車屋へお持込みください。

力のあり余っている男子中高生なんぞは
自発的に異常を訴えてはきませんので(気付いていないケースも)
たまには第三者の目、というか手で確認してあげてください。

1位 ホイール振れ・スポーク折れ

体格が良い体育会系男子の自転車は、殆どここが引っかかります。
スポークは、車輪の中心から放射状に張られた針金状のものですが
(一般的に)36本×2のそれで人を含めた積載物全てを支えております。
その1本1本はネジの構造で固定されておりますが、長期間の使用や衝撃等で
緩んだり曲がったりして、その不均等さから最後にはスポークが折れます。
確率としては人の体重をより多く受ける後輪にこの症状が発生しやすいのですが
部活の荷物を前カゴに満載して段差に突っ込むような乗り方ですと前輪も危ういです。

今「あやうい」と打つと「冉うい」と変換されましたが、初めて見ましたこの漢字。

そしてそのスポークは、折れたまま放置をしていると
連鎖的に他のスポークまで折れていきます。
ですので、こちらもたまには車輪を手で回して
左右に大きく振れていないかどうかご確認ください。

そんな代表的な通学車のダメージの他に
成長期の生徒ならではの依頼もございます。
それがこちら。

その自転車を買ってもらった後にグングンと背が伸びた子の中には
サドルの高さに不満を持つケースもございます。
それはこのシートポストを長いものに換えるという
比較的安価な手段で解決出来ますので
この辺りもお気軽にご相談頂ければと思います。

そんな入学シーズンを話題にしておいてなんですが
入学式がいつ頃にあるのか全く知らなかったりします。
しかしその頃には、今日の冷たい雨に耐えた桜の花々が
新たな門出を迎える若人を華々しく彩ることでしょう。

少し早いですが、皆さんご入学おめでとうございます!

最初の写真は昨日(3/30)の大漁桜で、最後はソメイ ヨシノさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。