Red Bull Holy Ride 2016 観戦レポート(予選だけ)

Red Bull Holy Ride 2016
昨日から今日にかけての雨予報が一転
朝から自転車に乗れそうな天候の尾道よりこんにちは。
 
瀬戸内海沿岸がそうであると思うのですが
特にこの尾道周辺は長雨が少ないように感じます。
雨雲の動きを見ておりますと
西からの雲は広島市周辺の高い山で水分を絞られ
南は愛媛の2000m近い壁でブロックされることが多いようです。
高山さん、いつも有り難うございますm(_ _)m
 
とは言え、まとめて降られると
色々なものが流れ落ちてきそうな古い町ですので
気象の変化には今後とも気を配っていきたいと思います。
 
 
さて、本日の内容は
昨日その古い路地を舞台に行われました
“Red Bull Holy Ride (レッドブルホーリーライド)2016”の観戦レポートです。
レポートと大仰なことを言っておりますが
仕事の都合で観戦したのは予選のみです。
本選(決勝戦)の様子を知りたい方は
何かそれらしいキーワードで検索してみたらいいじゃない。
(観られなかったのでふてくされ投げ)
 
まずはレッドブル、と言えばこの方々。
IMG_13521
この話題は以上です。
 
このゴール地点である宝土寺は
当店から歩いて数分ということもあり
午前中から馴染みのお客さん方とゾロゾロ出掛けました。
宝土寺
境内には、レースの模様が観られるモニターが設置され
ゴールライン脇にはダウンヒルの草分け的存在である
檀拓磨さんがMCの方とスタンバイ。
あ、DJさんがホンマにキュッキュキュってやってはる(田舎者発言)
IMG_1357
予選は、1名ずつ走ってそのタイムを競います。
 
エントリーは150名もいたそうですが
プロ・アマ問わずのレースでしたので
中学生や、「よくそんな機材で…」という
アマライダーも沢山いらっしゃいました。
 
しかし皆さん自発的に出場されるぐらいですので
私ならスタート5秒で負傷リタイヤしそうな階段も
上手にかっ飛んでいらっしゃいました。
IMG_1363

IMG_1375

Red Bull Holy Ride 2016
この日も雨が降るかも、という予報でしたが
こんなコースで路面が濡れると増々危険度が増しますので
最後まで天気がもってホッとひと安心。
 
しかしその迫力は、ゴール地点のモニターよりも
タイヤやサスペンションの音が聞こえる距離で観たほうが
当たり前ですが格段に感じられました。
 
そして思ったのが、ダウンヒルバイクの無敵感と
この競技を最初に始めた人の精神状態。
自転車屋ではありますが、長生きしたい方にはオススメ致しません。
しかし格好良さもピカイチですので
「意中のあの娘が振り向いてくれなくて…」
という男子は、思い切って自転車で階段を駆け下り
派手なジャンプを決めて女の子宅へアタックすると
警察を呼ばれてしばらく留置所でしょう。
何事もTPOは大事です。
 
そんな非常に浅い観戦レポートでございました。
お近くにこんなイベントが参りましたら
ご興味のない方も一度ご覧になってみてください。
 
ちなみに予選をトップタイム(多分)で通過されたのは
広島出身のベテラン、井手川選手だったようです。
流石!
IMG_1388
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。