新年のご挨拶 2022


毎年、「寒い。仕事始めが早すぎた」
という後悔の弁から始まる年始ブログですが
今年は、「怖い。仕事どころじゃない」
と言いながら引き続き数ヶ月の春休みに入ろうとするほど
コロナ感染者数が急増しております広島より
おめでたい雰囲気はまるでございませんが
明けましておめでとうございます。

まぁ引き続き数ヶ月休んでも
これだけ新しい変異株が
次から次へと出ている状況では
休み明けに事態が改善しているとは到底思えませんが。

ギリシャ文字を調べてみますと
つい最近まで主流だった”デルタ”株と
現在流行りの”オミクロン”株の間に
10個も文字があるようです。
その内2個、”ニュー”と”クサイ”は
newと紛らわしいとか、セージ的何とかで
使われなかったようですが
それでもデルタとオミクロンの間に
8種類もの変異株があったということですので
悲観的に考えますと
この流れはまだ続くのではないかと思ってしまいます。

ウィルス側が
「あ、最後のオメガまで来てしもうたけぇこれで終わるか」
と思ってくれればよいのですが
文字の数なんて人間だけの決め事ですからねぇ…。

ちなみにオミクロンの4つ後に
T(タウ)がございますが
これが蔓延しますと
広島でのみ今以上の騒ぎになるかもしれません。

「あそこにタウ?」
「ウィルスが見えるの!?」

※広島弁「たう:届く」

なんだか年始の恒例となりつつありますが
今年こそ色々と落ち着きますように、と願いつつ。
 
 
今回の自転車屋の冬休みですが
ほぼ毎日電ノコを振り回して
日曜大工をしておりました。
後は2年ぶりの帰省と。

自転車屋らしいことをしたのは
実家の自転車と車椅子の修理ぐらいで
自転車に乗ったのは
その修理に必要なものを買いに
ホームセンターへ行った時だけです。

ちなみに子供の頃の夢は
家に体育館と図書館が欲しい、でしたが
今の夢は「ホームセンターの中に住みたい」です。
いや本当に1日いられますよね、あそこは。

その流れで、自宅に
ミニ図書館を作り始めたりしておりますが
凝り性ですので一向に店の改装が始まりません。

2月いっぱいぐらいまでは
店内がこんな感じですので
ご来店になった方はくれぐれも足元にお気をつけください。

そんなこんなで、今年の抱負は
「店内に色々作りたい」でしょうか。
自転車屋の抱負とはとても思えない。

ちなみに、勢い余って
入り口に水が流れる坂を作ったり
ダミーの飛び石がある池を作ったり
ストロング金剛扮する鬼が彷徨う迷路を作ったりして
それらをクリアしてようやくお会計
というややこしい店になるかも知れませんので
特にビンディングシューズの方はお気をつけください。
もちろんお会計前の水鉄砲の打ち合いに負けた方は
商品のご購入前にお帰りいただくことになりますが
冷静に考えると、一番困るのはワシですな。

風雲たけし城が終わってもう33年らしいです。
その頃の自分に、30年後には
たけし城と比べ物にならないほど必死に
コロナという鬼から逃げ回る世界が待っている
と伝えても
「こんな変なおっさんにならないように
 図書館でSF小説を借りるのは控えよう」
としか思わないでしょう。

そんなSFな1年を
皆さんが健康にやり過ごせますように。

酒呑み県を象徴する最初の画像は
駅前で撮った1枚です。
吐くほど酔った人間がこれを見て
「そうかここは嘔吐禁止か。我慢しよう」
となるのか興味があります。